福島潟に誕生!カフェ併設の酒蔵「LAGOON BREWERY」

自然豊かな「福島潟」のほとりにある「LAGOON BREWERY」。2021年冬に誕生し、クラフトサケや輸出用の日本酒を醸造している話題の酒蔵です。 併設したカフェではどぶろくなどの醸造酒やスイーツを楽しめるということで、今回は、にいがた観光親善大使の鈴木さんとご紹介します。

迎えてくれたのは、代表の田中さん。中央区の酒蔵「今代司酒造」で社長を務めた後、新たに日本酒の製造免許を取るのは法的に難しいと言われる中、条件付きの製造免許に着目し、酒蔵を立ち上げました。新潟市内に新たに酒蔵ができるのは珍しいんだそう。

国内向けに製造しているのはどぶろくがメイン。代表銘柄「翔空(しょうくう)」には、福島潟にやってくる渡り鳥の様に世界へ羽ばたかせたいという想いが込められています。

今回は、併設するカフェでできたてのお酒をいただきます。店内は古民家を改装していて、ゆったりと過ごせる落ち着いた雰囲気。

酒蔵に面した窓からは、仕込みの様子を見ることができます。作業は午前中に行われることが多いので、じっくり見学したい人はオープン直後がオススメ!

ロゴがデザインされたオリジナルグッズや田中さんが集めたおつまみなども販売しています。

今回いただくのは定番の「テイスティングセット(1,000円)」。その日販売している種類の中から好きなものを3杯選べます。

老舗の酒蔵とは異なり固定の種類はなく、原料を変えながら、様々なタイプのお酒を月に2本のペースで造っているので、その時にしか味わえないものも。一期一会の出会いも魅力の一つです。

どぶろくは、ジューシーだったり粒を感じたりと個性は様々。澄み酒は日本酒で通常用いられる黄麹ではなく、焼酎で使われることの多い白麹を選択したことで酸味が生まれたんだそう。タイミングが合えば、質問できるのも嬉しいポイントです。

たっぷりと入っているので、気づけばほろよい気分に。お酒は、店内で購入できるのでお気に入りの種類はお土産にしてもよさそうです。

この他にも、どぶろくレモンサワーなどここでしか味わえないメニューもあるのでチェックしてみてくださいね!

店内には焼き菓子や全国の人気ベーカリーから取り寄せたパンなども販売しているので、お酒が飲めない人や家族連れも楽しめます。

酒粕を使ったケーキ(330円)やオリジナルのブレンドコーヒー(390円)

こちらは北区にあるタカギ農場のフルーツトマトを使ったソフトクリーム(400円)。果物や野菜を使ったフレーバーは、季節によって変わります。

外にはテラス席やベンチもあるので、晴れた日はテイクアウトしてもよさそうです。

今後は酒蔵見学ツアーも開催される予定。「LAGOON BREWERY」で新潟の新たな地酒を堪能してみてはいかがでしょうか?


INFORMATION

LAGOON BREWERY

所在地 : 新潟市北区前新田乙576-1
アクセス : 【車】「新潟駅」より約35分
駐車場 : あり
電話 : 025-250-0069
営業時間 : 10時〜17時
定休日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)※季節や製造の都合により変動あり
HP : https://www.lagoon-brewery.com/home