Slider

新潟市の伝統芸能を学会、大会などの式典・懇親会などにご利用ください。

新潟市は古くから海運や各街道を経た物流が盛んでした。特に、江戸時代の中頃から明治30年代にかけて、北海道から日本海側の主要な港を寄港地に、大阪まで「動く総合商社」ともいわれる北前船という船がありました。この北前船は多くの荷物を流通させただけでなく、文化の交流も行われました。さらに、新潟は江戸からも多くの人が訪れて文化の交流がありました。このように新潟市は文化のT字路と言われており、多彩な伝統芸能が現代まで引き継がれております。コンベンション参加者の方に新潟の歴史・文化を感じ、楽しんでいただける芸能です。是非、ご利用ください。

新潟古町芸妓

古くからの料亭が建ち並ぶ古町(新潟市中心部)界隈を歩くと、いにしえの人々が築いた花街文化の香りを感じます。古町花柳界・新潟古町芸妓の歴史は古く、その名は江戸時代から京都の祇園と並んで全国に知られていました。最盛期には芸妓の数だけでも400人を超えたと言われています。連綿と受け継がれた「新潟古町芸妓の舞」が柳都・新潟ならではの華やぎと季節の移ろいを雅やかに演出いたします。

料金例芸妓5人(踊り3人、唄1人、三味線1人)
15分~20分の踊りと、約1時間のお酌で150,000円~
お問合せ先新潟三業協同組合
TEL.025-222-2237
にいがた総おどり(下駄総おどり)

江戸時代の新潟にあった、四日四晩踊り明かした盆踊りを現代に蘇らせた踊りです。
下駄総踊りは、永島流樽砧(たるきぬた)のリズムに合わせて、小足駄を履いた踊り子たちが大地を打ち鳴らす様に乱舞する 、新潟でしか観ることが出来ない独自の踊りです 。樽砧に太鼓と三味線のリズムに合わせて踊る様は、古都新潟の風情ある歴史に、迫力をミックスした新しい新潟の魅力として毎年 9 月のにいがた総おどり祭にて観ることができます。
07年より新潟市無形文化財の市山流による振り付けも加わり、県内外・海外などでも公演を多数行っています。

料金例出演人数により異なります。踊り子、樽砧打ち手の出演です。
100,000円(税別)~、演舞形式や伴奏の有無などによって変動します 。
お問合せ先新潟総踊り祭実行委員会事務局
TEL.025-283-6630
Email : info@sho-odori.net
新潟万代太鼓

「新潟まつり」には欠かせない勇壮な太鼓です。
昭和43年に発足、今では市民に広く親しまれており、新潟市の郷土芸能としても定着。曲目には港の安全と豊漁や五穀豊穣と郷土の発展を祈る「みなと太鼓」「甚句ともえ打ち」「おけ揃い打ち」などがあります。
万代太鼓飛龍会(ひりゅうかい)や創始者の主宰する神龍会(しんりゅうかい)は海外公演の経験もあり、特に神龍会は「新潟木遣り(きやり)」「獅子舞」「大黒舞」「新潟まつり先太鼓」もレパートリーに持っています。
最近では、ブレイクダンスやクラシックバレエと共演など、現代和太鼓を追求し活躍の幅を広げております。

料金例大人5~10人
15~20分の出演で50,000円~ 100,000円
お問合せ先万代太鼓神龍会
TEL.025-270-9329
新潟萬代太鼓飛龍會
TEL.025-378-5569
新潟民謡

新潟市で唄い踊られている民謡には、おけさや追分、甚句、六階節、木遣などがあります。民謡は時代が変わっても、人々の暮らしの中で親しまれ、楽しまれてきました。新潟市では新潟まつりでも踊られる「新潟甚句」「佐渡おけさ」が広く知られています。ふるさとの風土の中で唄い踊られ、先人たちから受け継いだ大切な新潟の郷土芸能を、是非ご覧ください。

料金例踊り手の人数、地方の有無、お時間など、ご希望の内容により変わります。まずはご相談ください。50,000円(税別)~
お問合せ先新潟市民謡連盟
平日14:30~16:30
TEL/FAX.025-256-6860(担当 : 小野寺)
Email : minyourenmei@blue.plala.or.jp

また、「新潟観光コンベンション協会開催補助金」要件を満たすコンベンションの場合は、新潟観光コンベンション協会「おもてなし助成金」の対象となる場合があります。
詳しくは、新潟観光コンベンション協会までお問合せください。

蜑の手振り(あまのてぶり)港祭の行列・盆踊りの行列/嘉永5(1852)年/新潟県指定文化財/新潟市歴史博物館 蔵

お問合せ・ご相談は

(公財)新潟観光コンベンション協会
MICE誘致推進部

〒951-8062
新潟市中央区西堀前通6番町894-1
西堀6番館ビル4F
TEL. 025-223-8181 / FAX. 025-223-9100 /
E-mail : mail@nvcb.or.jp