新潟駅から歩いて行ける。発酵と醸造のまち・沼垂めぐり

おいしいお米とお酒の産地として知られ、江戸時代には北前船の寄港地として栄えたみなとまち新潟。酒蔵や味噌蔵などが今も残り、伝統的な発酵文化を今に伝えています。新潟駅からほど近い沼垂(ぬったり)エリアには、新潟に根付いた発酵文化を感じさせるスポットがいくつもあります。

今回は、沼垂エリアの歴史ある醸造所「今代司酒造」「峰村醸造直売店」、発酵文化を取り入れたクラフトビールを提供する「沼垂ブルワリー&ビアパブ」の3ヶ所をめぐってみました。

12代にいがた観光親善大使の風間さんとまず訪れたのは「今代司酒造」。1767年創業の老舗酒蔵です。酒蔵見学や試飲、直売店でのショッピングを楽しめるほか、「新潟駅から最も近いところにある酒蔵」としても知られています。アクセスの良さもあり、県内外から多くの観光客が訪れます。

今代司酒造が大切にするコンセプトは「今と古、地方と都市、人と人を『むすぶ』」こと。少しでも多くの人に酒造りについて知ってほしいとの思いから、酒蔵見学を常時開催しています。蔵の中を実際に歩いてめぐることで、実際の酒造りの様子や、今代司酒造の歴史を知ることができます。

酒米を磨く精米歩合の違いで変わる「吟醸」「大吟醸」の違いなど、日本酒の基礎的な部分から深いところまでスタッフの方が丁寧に教えてくれます。酒蔵を一度めぐると、日本酒がもっと好きになるはずです。

こちらは、日本酒や発酵食品が当たる「地酒ガチャ」と「おみやげガチャ」(500円 / 1回)。ハズレ無しで楽しめる「必ず当たるガチャ」なんです!

風間さんが当てたのは、辛口純米酒「ブラック今代司」。旨味とキレを両立させた味わいは、肉料理にピッタリです。酒蔵に併設された直売店では、対象のお酒と合う料理の組み合わせも紹介されていたりと、日本酒ビギナーにもやさしい仕掛けが嬉しいですね。

直売店では、季節酒や、ここでしか買うことのできない蔵元限定酒なども販売しています。

直売店では、ノンアルコールの甘酒や、酒粕を使ったスイーツなども販売。日本酒ファンはもちろん、お酒が苦手な方でも楽しめますよ!

徒歩 : 約4分

続いて訪れたのは「峰村醸造直売店」。明治38年創業の老舗醸造所「峰村商店」が手がける直売店です。

江戸後期から明治初期に建てられた土蔵と、大正時代に建てられた土蔵の、ふたつの歴史的建造物を曳家(ひきや)という方法で保存し、リノベーション。2014年に「発酵コンセプトショップ」としてオープンしました。

店内に足を踏み入れると、味噌だけでなく、漬物、調味料や惣菜などの商品が出迎えてくれます。長年培ってきた伝統の発酵技術を生かし、定番からオリジナリティあふれる商品まで、バラエティ豊富な商品が並びます。

峰村醸造自慢の味噌は、蒸しが深く糀の割合が高い「越後味噌」。作る蔵によって味わいがまったく異なるといいます。

職人によって、丁寧に蒸し上げる大豆処理で、どんな料理にも合わせやすい、すっきりとした味わいに仕上がるそう。

風間さんが持っているのは、重さ2.3kgの味噌パック!開店早々に訪れ、このような大容量パックを購入していく地元のお客さんの姿も。観光客はもちろん、地元の方にも愛されている醸造所なんです。

こちらは、峰村醸造の人気メニュー、味噌づくりと同じ糀を使った蔵仕込みの甘酒です。ノンアルコールの甘酒で、飲みやすさと深い旨みが特長です。

玄米を使った「玄米甘酒」や、乳酸菌を使った「発酵甘酒」など、健康志向の方におすすめな甘酒も。「梅あまざけ」など、季節限定の甘酒もあり、季節のご挨拶や贈り物にもぴったり!

店内には試飲コーナーもあります。お気に入りの甘酒を見つけてみてください。

徒歩 : 約6分

沼垂を訪れたなら、沼垂ビールのすぐそばにある「沼垂テラス商店街」もおすすめ!レトロでお洒落な街並みの商店街には、雑貨やカフェなどが軒を連ねています。

もちもち食感の生地にクリームやチョコ、新潟名物の笹団子などが入った「沼ネコ焼」は沼垂テラスで大人気の商品。散歩のおやつにも、お土産にもぴったりですよ。

徒歩 : 約1分

最後は、沼垂の町なかにある「沼垂ビール&沼垂ビアパブ」へ。少数生産、手づくりのビール醸造にこだわり、ビール造りを通じて「新潟らしさ」を追求しているブルワリーです。

「沼垂ビアパブ」はビール醸造所が併設された「ブリューパブ」というスタイルのお店です。出来立てのビールをすぐに楽しめる、ビール好きにはたまらないお店です。奥にある和室からは、クラフトビールをつくっている醸造所の様子を窓越しに見ることができます。

「沼垂ビール」代表の高野さん。40年過ごした東京からUターンし、故郷である沼垂の地にブルワリーを開設しました。ビアパブのすぐ奥にある醸造所で自ら手づくりしています。

沼垂の町屋をリノベーションした、あたたかみのあるレトロな雰囲気の店内。「ゆったりと思い思いのスタイルでビールを楽しんでほしい」という高野さんの想いが込められています。

沼垂ビアパブでは、常時12種のクラフトビールをオーダー可能。新潟産コシヒカリを使った「コシヒカリエール」、新潟市南区を中心に栽培される高級洋梨「ル レクチエ」を使った「ル レクチェビール」など、県産食材を副材料に使った、新潟らしさあふれるビールを提供しています。

風間さんは「かぜそよぐ白麹セゾン」をオーダー。焼酎や甘酒に使われる「白麹」を使った「発酵と発酵のハイブリッド・クラフトビール」。

ビール酵母と麹という発酵食品同士の組み合わせが、これまでにない風味を醸し出し、ビールのおいしさを一層引き立ててくれます。クラフトビールの深みに加え、さっぱり感がほどよく調和していて、おいしい!

ビアパブでビールを飲むなら、おつまみと一緒に楽しみたいところ。沼垂ブルワリーは、県内産の発酵食品を使ったおつまみを豊富に取り揃えています。村上名物の鮭とば、江南区「LOYALHILL HOLSTEINS」のモッツァレラチーズなどをオーダー。どれもビールにぴったり!

高野さんをはじめ、ビアパブスタッフの方との会話も楽しい!ビールづくりへの思いはもちろん、沼垂のまちのこと、歴史など、いろいろなことを教えてくださいます。

店おすすめの新商品「佐渡番茶エール」は、クラフトビールの深い味わいと、佐渡番茶特有の甘みが絶妙に混じり合った、新潟×佐渡のコラボビールです。2019年に瓶詰め商品として発売後、たちまち完売し、好評にこたえ再販を繰り返すほど。見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。


INFORMATION

今代司酒造

所在地 : 新潟市中央区鏡が岡1-1
電話 : 025-245-3231
営業時間 : 9:00~17:00
定休日 : 年末年始
HP : https://imayotsukasa.co.jp


峰村醸造直売店

所在地 : 新潟市中央区明石2-3-44
電話 : 025-250-5280
営業時間 : 10:00~17:00
定休日 : 年末年始
HP : https://www.minemurashouten.com/hpgen/HPB/categories/9248.html


沼垂テラス商店街

所在地 : 新潟市中央区沼垂東3丁目5
電話 : 025-384-4010
HP : https://nuttari.jp


沼垂ブルワリー&ビアパブ

所在地 : 新潟市中央区沼垂東2-9-5
電話 : 025-383-8720
営業時間 : 沼垂ビアパブ 火~金 17:00~21:00 / 土 13:00~21:00 / 日 11:30~17:00
定休日 : 月曜日
HP : https://nuttaribeer.co.jp