新潟ゆかりのマンガ・アニメの魅力が集結!遊んで学べる「新潟市マンガ・アニメ情報館」

多くの人気マンガ家やアニメーターを輩出している「マンガ・アニメのまち にいがた」。市内には、情報発信の施設があり、プロアマ問わず参加できるコンテスト「にいがたマンガ大賞」や「ガタケット」や「がたふぇす」などイベントも開催されています。

今回、第12代にいがた観光親善大使の鈴木さんとやってきたのは「新潟市マンガ・アニメ情報館」。新潟ゆかりのマンガ家やアニメクリエーターの作品の魅力を伝える人気の施設です。ご紹介する常設展には、年間7〜8本原画展を行う企画展示室が併設。2018年には「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」にも選ばれました。

名誉館長兼「マンガ・アニメのまち にいがた」サポートキャラクターの「花野古町(はなのこまち)」と「笹団五郎(ささだんごろう)」がお出迎え。

アニメーションギャラリーでは、原画や色紙を発見!来館した際マンガ家やアニメクリエーターに書いてもらったものだそう。

こちらは、高野文子先生の「黄色い本」のコマを背景に、新潟ゆかりの漫画を調べることができる検索コーナー。

検索できる本の一部は館内に設置されているので、読むことも。知らなかった名作に出会える予感!

効果音が描かれたフォトスポットでは撮影も楽しめます!まるで漫画の中に入り込んだような気分になれます。

人気の声優体験に鈴木さんも挑戦!名作「王立宇宙軍 オネアミスの翼」「フリクリ」「トップをねらえ2!」の映像を見ながら、セリフに合わせて声を吹き込みます。本格的なアフレコを体験できますよ!

コマの作り方やキャラの表情、制作工程など、マンガやアニメーション制作の基本を監督からのメッセージを観たり、体験を通して学べるのもマンガ・アニメ情報館ならでは。

この他にも赤塚不二夫先生「おそ松くん」「天才バカボン」や高橋留美子先生「うる星やつら」のキャラクターと遊べるブースなどもあるので、夢中になること間違いありません!

併設するショップでは、ここだけにしかない商品にも注目。館長の古町ちゃんと団五郎くんのオリジナルグッズをはじめ、人気アニメの限定商品などファン垂涎のアイテムが揃います。

小林まこと先生が自費出版したというCDを発見!在庫がなくなり次第販売終了なので、購入はお早めに!

続いて、世界でここだけにしかない背景で撮影できるプリントシール機へ。新潟市のランドマーク萬代橋や、おにぎり、笹団子、県花・チューリップなど新潟らしい背景から選べます。

鈴木さんが選んだのは、新潟のブランドいちご・越後姫、おにぎり、笹団子、信濃川。古町ちゃんと団五郎くんがおにぎりや笹団子を食べている姿にも注目してみてくださいね!

英語、北京語、韓国語、タイ語、スペイン語、ヒンディー語など多言語にも対応しているのも嬉しいポイント。旅の思い出にも最適です。

近くには、「新潟市マンガの家」があり、新潟ゆかりやスタッフ推薦の漫画1万冊を無料で読むことができます。人気キャラクターの等身大フィギアの展示、原画展やオリジナル缶バッチ作りなど体験講座も行なっているので、併せて訪れるのもオススメです。新潟市が誇るマンガ・アニメ文化に触れてみませんか?


INFORMATION

新潟市マンガ・アニメ情報館

所在地 : 新潟市中央区八千代2-5-7 万代シテイBP2 1階
アクセス : 【徒歩】「新潟駅」より約11分
駐車場 : なし(周辺の駐車場をご利用ください)
電話 : 025-240-4311
営業時間 : 11時~19時(土日祝は10時〜)
定休日 : 1月1日(展示替えにより臨時休館あり)
HP : http://museum.nmam.jp