話題の黒湯を無料で体験!岩室の観光施設「いわむろや」

岩室の観光施設「いわむろや」バナー

(2022.2.28UP)

岩室温泉街

新潟市にある「岩室温泉」は、開湯300年の歴史ある温泉地。始まりは1713年。夢のお告げを受けた庄屋が温泉で傷を癒す雁を見つけたことがキッカケで、源泉を発見したという言い伝えがあることから別名「霊雁の湯」と呼ばれています。新潟駅から約1時間ほどとアクセスしやすく、県内外から観光客が訪れるこの場所では、最近、泉質に着目した「黒湯」が話題なんだとか。

新潟市岩室観光施設いわむろやの外観
いわむろやの入り口前

そんな黒湯を無料で体験できるのが「いわむろや」。岩室温泉地区のある西蒲区の歴史や伝統文化、観光資源等に関する情報を広く発信・提供する観光情報施設です。今回は、にいがた観光親善大使の市野瀬さんとご紹介します!

広々とした館内には、総合案内所や売店、食堂、休憩スペースなどがあり、観光客だけでなく地元住民の憩いの場となっています。

いわむろやの案内カウンター

最新の観光情報は、パンフレットやチラシをチェック。総合案内所には、岩室地区に詳しいスタッフが常駐しているので、旅に役立つ情報を教えてもらえますよ!

いわむろやのお土産コーナー
新潟県内の野菜

直売コーナーには、地元で採れた新鮮な野菜や、県内の名産品などがたくさん!

岩室せんべい(瓦せんべい)

お土産の定番、温泉まんじゅうだけでなく名物「岩室せんべい(瓦せんべい)」など、老舗のお菓子屋さんが多い岩室地区ならではの商品が一堂に揃うのも嬉しいポイントです。

黒湯を体験するために隣接する浴場へ!

いわむろやの浴場
いわむろやの足湯

硫黄の香りが漂う温泉は、きりきず、冷え性、アトピー性皮膚炎をはじめ様々な効能が認められています。

温泉に含まれる硫化鉄

その特徴は効能だけではなく、温泉に含まれる硫黄と鉄が結合して硫化鉄になり、その細かい黒い粒子が湯口や湯船に付着。入浴すると足裏が黒くなることで「黒湯」と呼ばれるようになりました。源泉掛け流しでありながら、こちらの足湯はなんと無料!大きな窓から見える角田山と田園風景を眺めながらゆっくり日々の疲れを癒してみてはいかがでしょうか?

お土産にはこちらもオススメ!

お土産のくろすけシリーズ

泉質をイメージした「黒湯」シリーズは、岩室温泉旅館組合によって2021年に商品化されました。お菓子やポロシャツ、トートバッグなど種類は全部で8つ。きめ細かく上質な竹炭を使用したジェラートや、ゴマなどを使用した黒胡麻ゆべし、桶に見立てたモナカの皮に黒湯をイメージした真っ黒なサブレを入れて焼き上げた「くろすけ」などユニークな商品が揃っています。

くろすけサブレ

黒湯の成分が入った入浴剤も販売中。おうちの湯船でも温泉気分を味わえますよ!

黒いラーメン

小腹が空いたら食堂へ!うどんや丼、西蒲区産の米「新之助」を使ったおにぎりセットなど豊富なメニュー中から市野瀬さんが注文したのは、常連客の声から誕生したユニークなメニュー「黒いラーメン(750円)」

黒い麺の画像

マー油がかかった醤油スープの中から出てきたのは、、、黒い麺!

その見た目から黒湯を連想させますが、実は10年前からある商品なんだそう。麺に使われている竹炭にはデトックス効果が期待できるため、見た目に反して体に優しい一杯です。新潟県産の豚肉と秘伝のタレを使用したチャーシューなどトッピングも絶品ですよ!

西蒲区の牧場で採れたジャージー牛乳使用のソフトクリーム

テイクアウトメニューには、西蒲区の牧場で採れたジャージー牛乳を使用したソフトクリーム(バニラ/350円)も人気。時期によって旬の果物を使ったフレーバーも登場します。

イベントポスター

今回ご紹介した「いわむろや」は、この他にもイベントや展示が開催されていたりと見所満載!観光の前にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


INFORMATION

いわむろや

所在地 : 新潟市西蒲区岩室温泉96-1
電話 : 0256-82-1066
営業時間:9時~19時
定休日 : 第1水曜日 (1月及び12月の第1水曜日を除く。)及び第3水曜日  (休日に当たる場合はその翌日)  12月31日及び1月1日。
入館料 : 入場無料
駐車場 : あり
HP : https://www.iwamuroya.com
アクセス :
・電車/新潟駅から越後線利用、岩室駅下車(乗車約50分)→岩室駅からタクシーで約10分
・車/新潟市街から約50分

岩室温泉街やその周辺には酒蔵や老舗菓子屋、史跡など観光スポットが点在。観光情報をゲットしたら街に繰り出しましょう!

岩室地区にある温泉宿は全部で8件。人気の温泉宿の一部をご紹介します。


ゆもとや

明治初明治13年に湯治場として創業し、屋号を「ゆごや」「本湯本」「湯本館」と変えながら地元新潟に愛されてきた旅館です。料理は、日本海で獲れた魚介類や旬の素材を使い、一品一品手作り。五層吹き抜けのつくりで開放感のある館内、品格ある佇まいの部屋で贅沢な時間を楽しめます。

住所:新潟市西蒲区岩室温泉91-1
TEL : 0256-82-2015
HP : https://yumotoya.co.jp

ほてる大橋 館の湯

明治初期創業の大浴場、露天風呂は岩室・燕三条・弥彦地区で随一の広さを誇り、新潟唯一の岩盤浴を併設している天然温泉宿。書院造を基調とした落ち着きのある客室からは、岩室富士の名前で親しまれている「松岳山」や岩室のシンボル「多宝山」が望めます。新潟の食材を使用した料理は絶品。昼夜問わず利用できる日帰りプランも充実しています。

住所 : 新潟市西蒲区岩室温泉340
TEL:0256-82-4126
HP : https://www.oohashiya.co.jp

その他、人気の温泉宿をGoogleマップでご確認ください。


※所在地、空室状況、ご予約などがご利用いただけます。一部の宿は直接お問い合わせください。

各宿の詳細は 「岩室温泉観光協会」の公式ホームページ からご確認ください。