アウェイサポーター必見!にいがた観光親善大使がおすすめするスタジアムグルメと新潟旅【デイゲーム編】

Jリーグアルビレックス新潟。「アルビ」の愛称で新潟県民から愛され、ホームゲーム開催時には、多くの熱いサポーターが詰めかけます。今回は、アルビレックス新潟サポーターでもある第13代にいがた観光親善大使の矢部さん、高橋さんが新潟での試合観戦とスタジアムグルメ、新潟旅の楽しみ方をご紹介します。
※撮影時のみマスクを外しています。

アルビレックス新潟のホームゲームがおこなわれる「デンカビッグスワンスタジアム」までは、ホームゲーム開催時はキックオフの4時間30分前からシャトルバスが運行されます。こちらのバスを利用するとスムーズにアクセスできます。出発は「新潟駅南口(プラーカ2前)臨時バスのりば」から。さっそくバスに乗り、スタジアムに出発!

バスに乗って約20分。デンカビッグスワンスタジアムに到着しました!

スタジアムの「スワンパーク」には、スタジアムグルメの屋台や物販ブースなどがずらり。午前中から、すでに多くのサポーターで大賑わいです!なかでも、やっぱり楽しみたいのが美味しい地元グルメの数々です。おすすめのスタジアムグルメをいくつかご紹介します。

もちろん、ホーム&アウェイどちらのサポーターも利用可能です。今回は、札幌サポーターと合流し、スタジアムグルメを一緒に楽しんでみたいと思います。

行列ができているこちらのお店は「高嶋ファーム」。

「越後もち豚串焼き」。新潟のブランド豚「越後もち豚」を、炭火で一気に焼き上げたジューシーな串焼きです。塩と胡椒のみのシンプルな味付けが、豚肉本来の味を引き立てます。

こちらのお店も、とても長い行列ができています!行列の先にあったのは「万代シルバーホテル」。

こちらが同店のおすすめグルメ「バスセンターのカレー」。シンプルながらも、一度食べたらやみつきになる、昔懐かしい味わいが特徴です。「新潟のソウルフード」としてテレビ番組で紹介されたりと、新潟県外でも知名度の高いカレーでもあります。

札幌サポーターからは「食べたそばからまた食べたくなるカレーですね!」との感想が。リピーターも多いスタジアムグルメです。

今日の試合の展望や、お互いのチームの注目選手のことなど、、、スタジアムグルメは、サポーター同士が楽しく交流するにもぴったりです。

スタジアム内にも飲食店が出店しています。中には、アウェイ席でしか食べられない限定のグルメも。こちらは新潟産コシヒカリを使ったにぎりめし屋「新潟にぎりめし べいべい」。

コンセプトは「ひとりでも多くの方に、新潟の誇りであるお米を味わってほしい」「本当に美味しいお米と出逢うきっかけに」。「南魚沼産コシヒカリ」をはじめ「新之助」「朱鷺認証米」など、厳選した銘柄米を使用したおにぎりを職人さんがひとつひとつ丁寧に握ってくれます。

艶のあるお米の上には、鮭や神楽南蛮味噌などの新潟らしい具材がたっぷり。アウェイサポーターのみなさんからの評価も高い、人気のスタジアムグルメなんです。数種類の具材が食べ比べできる「新潟米食べ比べ弁当(おにぎり3個セット)」が県外サポーターからは特に人気が高いそうです。

「これはおいしい!」「新潟といえば、やはりお米のイメージがありました。それを気軽に楽しめるのは嬉しいですね」「今まで知らなかった新潟食材を知ることができて良い機会になった」など、札幌サポーターから嬉しいお声をいただきました!もちろん単品でも購入できるので、観戦の合間に買い足しをするのもアリです。
※季節により具材の内容は変更となる場合があります。

おいしいスタジアムグルメでおなかいっぱいになったところで、いよいよ試合開始!観戦を楽しんでくださいね!

アルビサポーターの熱気も上がってきました。

試合観戦後の打ち上げも、楽しみのひとつ。新潟駅周辺には、飲食店がたくさんあります。新潟駅からすぐ近くの「海鮮ろばた 壱勢新潟店」へ。

「のどぐろの炉端焼き」「栃尾の油揚げ」など、新潟の郷土料理やご当地グルメを、おいしい地酒とともに楽しめます。

壱勢でぜひオーダーしたいのが人気ナンバーワンの「磯盛り」。漁港から毎朝直送される、鮮度抜群の海鮮盛りです!
※季節により内容は変更になる場合があります。

カウンター席では、なんと、船の櫂(オール)を使って板前さんが豪快に料理を出してくれます。こちら、壱勢定番のサービスなのだそう。活気あふれる店内の雰囲気もあいまって、盛り上がること間違いなし!

鮮度抜群の刺身、ほろりとほぐれるのどぐろ焼き、サクサクの油揚げ、、、どの料理もとてもおいしい!そして、お酒にもぴったりです。

ほかにも新潟駅周辺には魅力たっぷりの飲食店がたくさん。スタジアム観戦と合わせてぜひ楽しんでみてください。

新潟グルメを楽しんだら、宿泊は市内のホテルや旅館へ。アクセス抜群な新潟駅前や昔ながらの街並みが残る古町など、目的に合わせて好みの宿を探してみてはいかがでしょうか?

新潟市には雄大な信濃川沿いの景観を楽しめるやすらぎ堤をはじめ、ちょっと足を伸ばせば温泉など、魅力的な観光スポットもたくさん。新潟駅からは1日乗車券(500円 / 大人)で市街地の観光施設を周遊する観光循環バスも運行しているので、上手に活用すれば効率的に巡れます。試合後や2日目は新潟旅を楽しんでみませんか?

オススメ観光スポット

萬代橋

日本一の大河信濃川にかかる萬代橋。美しいアーチと優雅な雰囲気が印象的で、国の重要文化財に指定されています。両岸のやすらぎ堤は、桜、新緑などを信濃川と共に楽しめるため散歩にも最適。

所在地 : 新潟市中央区万代2丁目4
アクセス : 新潟駅から観光循環バスで約5分、「万代シテイ」下車、徒歩1分


新潟市歴史博物館「みなとぴあ」

信濃川沿いに見える新潟市歴史博物館。2代目新潟市庁舎の外観をイメージして作られた館内では、海と川に育まれた新潟市域の人々の歴史を紹介しています。旧新潟税関庁舎や旧第四銀行住吉町支店など歴史的な建造物も併設。

所在地 : 新潟市中央区柳島町2丁目10
アクセス : 新潟駅から観光循環バスで約40分、「歴史博物館前」下車
電話 : 025-225-6111
HP : https://www.nchm.jp


旧齋藤家別邸

新潟三大財閥の1つ豪商・齋藤家の4代目喜十郎が、大正7年に別荘として造った建物です。屋敷からの風景も人気の理由。国の名勝にも指定されている池泉回遊式庭園では四季折々の景色を楽しめます。

所在地 : 新潟市中央区西大畑町576
アクセス : 新潟駅から観光循環バスで約23分、「北方文化博物館新潟分館前」下車、徒歩1分
電話 : 025-210-8350
HP : https://saitouke.jp


みなとのマルシェピアBandai

新潟の特産品が揃う市場。施設内では新潟の海産物や野菜、お肉、お酒からスイーツまで新潟が誇る美味しい食を購入できます。BBQスポットもあり、購入した商品を食べることも可能。

所在地 : 新潟市中央区万代島2
アクセス : 新潟駅から観光循環バスで約45分、「ピアBandai」下車
電話 : 025-249-2560
HP : https://www.bandai-nigiwai.jp


ぽんしゅ館 新潟驛店

県内全酒蔵の日本酒や、焼酎、ワイン、それらを味わう酒器や、日本酒を使ったお菓子、米菓、調味料など厳選した新潟の食品を購入できる物産店。新潟全酒蔵の代表銘柄が揃う「唎酒番所」では500円で最大おちょこ5杯分の地酒を楽しめます。

所在地 : 新潟市中央区花園1-96-47
アクセス : 新潟駅西口改札を出て徒歩0分(新潟駅構内)
電話 : 025-240-7090
HP : https://www.ponshukan.com


INFORMATION

シャトルバス(臨時バス)について

路線 : 新潟駅南口6番線(プラーカ2前)臨時バスのりば⇔スポーツ公園バスターミナル
往路 : 試合開始4時間30分前~試合開始(適宜)
※平日開催の試合につきましては、往路の始発はキックオフ4時間前となります。
復路 : 試合終了後~試合終了60分(乗車状況を見ながら運行)
料金 : 【片道】270円 / 小人140円
※現金、ICカード「りゅーと」のほか、交通系ICカードもご利用可能
HP : https://www.niigata-kotsu.co.jp


海鮮ろばた 壱勢新潟店

所在地 : 新潟市中央区東大通り1-5-30HOKUYU BUIL2 1F
電話 : 025-242-1200
アクセス : 新潟駅より徒歩約1分
HP : https://funaei.co.jp/issei-niigata/

こちらもオススメ