HOME特集 > にいがた花街茶屋-新潟古町芸妓の舞とお座敷遊びを3,000円で体験

にいがた花街茶屋-新潟古町芸妓の舞とお座敷遊びを3,000円で体験

明治の大商家で愉しむ新潟古町芸妓の舞

京都・祇園、東京・新橋と並び称される新潟・古町の花柳界。約200年前の江戸時代に、日本海側最大の北前船の寄港地として栄え賑わいを見せていた新潟に、いつしか花街が生まれ、訪れる人々を芸でもてなしたのが新潟古町芸妓でした。
この200年の伝統を誇る「古町芸妓の舞」を新潟市中心部にある、日本遺産に認定されたかつての商家のお屋敷「旧齋藤家別邸」でご覧いただけます。
当日は新潟古町芸妓さんとの写真撮影や、お座敷遊びの体験もございます。ぜひこの機会に新潟のおもてなし文化を体験して下さい。

新潟古町芸妓(ふるまちげいぎ)とは

新潟市には京都の井上流と並び日本舞踊の流派・市山流があります。新潟市無形文化財の第1号です。地方の宗家で120年以上の歴史を刻んできた流派は全国でも唯一であり、その芸術性は高く評価されています。
この「市山流」の日々の厳しい稽古で磨かれた踊り、長唄や三味線などの芸、そして美しい所作ともてなしの心で、お客様をお出迎えし、宴の席に和と華を添えているのが「新潟古町芸妓」です。
「柳都振興」ホームページ

新潟花街茶屋

行形亭や鍋茶屋などの老舗料亭で活躍している新潟古町芸妓の舞とお座敷遊びを、お気軽に体験していただけます。

お申し込み・お問い合わせはこちら

公益財団法人 新潟観光コンベンション協会 TEL 025-223-8181(受付時間 / 平日8:30~17:15)

 

開催日

【2019年 春~夏】
  開催日   空き状況
・4月 6日 (土)  終了しました
・4月13日(土)  終了しました
・4月20日(土)  終了しました
・5月18日(土)  ○
・5月25日(土)  ◎
・6月 1日 (土)  ◎
・6月 8日 (土)  ▲
・6月15日(土)  ◎
・6月22日(土)  ◎
・6月29日(土)  ◎
・7月 6日 (土)  ◎

◎:余裕あり ○:残席あり △:残りわずか ×:満席
▲:お電話でお問い合わせください(TEL. 025-223-8181)

料金 大人/3,000円
小・中学生/2,700円
※抹茶・和生菓子付き(開会前又は閉会後にお召し上がりください)
※料金には旧齋藤家別邸入館料を含みます。
注意事項 ※当日14時以降の取消及び無連絡不参加は取消料(参加費全額)をいただきます。
※開会後の途中入場はできません。 時間厳守でお願いします。
※受付後~旧齋藤家別邸の閉館時間までは自由に館内をご覧いただけます。
※お席は自由席です(お座敷に座布団をご用意します)。
※会場2F大広間へは、階段での昇降となります。
※写真は自由に撮影いただけますが、三脚は使用不可。なお、動画の撮影はご遠慮ください。
※飲酒をされている場合等、他のお客様のご迷惑となる恐れがある場合には、ご入場をお断りすることがあります。
※メディアの撮影等が入る場合がありますのでご了承ください。
定員 30名
開催時間 14時00分~14時50分
プログラム

13:00~    受付

14:00~14:50  新潟花街茶屋/2F大広間
 ・みなとまち新潟と新潟古町芸妓のお話
 ・新潟古町芸妓の舞 鑑賞
 ・お座敷遊びの紹介
 ・古町芸妓と写真撮影
  (カメラをご持参ください)

18:00     旧齋藤家別邸 閉館

お申し込み方法

JTB現地観光プラン・レジャーチケット【4月~7月】
※各開催日の3日前17時00分迄お申込みできます。
※クレジットカード決済です。

※定員に余裕のある場合は、開催当日のお申し込みも可能です。開催当日の9時30分~12時00分迄に会場へ直接お問い合せください。

会場

旧齋藤家別邸 2F大広間
「旧齋藤家別邸」ホームページ

所在地 新潟市中央区西大畑町576[MAP]
TEL. 025-210-8350
交通

○バス:
JR新潟駅万代口バスターミナル 2番線発、新潟市観光循環バス「白山公園先回りコース」または「朱鷺メッセ先回りコース」で約30分、「北方文化博物館新潟分館前」または「北方文化博物館入口」下車、徒歩で約2分
「新潟市観光循環バス」新潟市のサイト

○車:
北陸自動車道「新潟西IC」、磐越自動車道「新潟中央IC」、日本海東北自動車道「新潟亀田IC」より約30分

駐車場

新潟市美術館第2駐車場利用可
- 旧齋藤家別邸まで徒歩約3分
- 台数に限りがあります

西堀地下駐車場60分無料
- 旧齋藤家別邸まで徒歩約7分
- 駐車券を旧齋藤家別邸受付に提示

_SSG9741.jpg お座敷遊び2.jpg

先頭に戻る