HOME特集 > 新潟花街茶屋-新潟古町芸妓の舞とお座敷遊びを体験

にいがた花街茶屋-新潟古町芸妓の舞とお座敷遊びを3,000円で体験

明治の大商家で愉しむ新潟古町芸妓の舞

約200年前の江戸時代に、日本海側最大の北前船の寄港地として栄え賑わいを見せていた新潟に、いつしか花街が生まれ、訪れる人々を芸でもてなしたのが新潟古町芸妓でした。
この200年の伝統を誇る「古町芸妓の舞」を新潟市中心部にある、日本遺産に認定されたかつての商家のお屋敷「旧齋藤家別邸」でご覧いただけます。ぜひこの機会に新潟のおもてなし文化を体験して下さい。

新潟古町芸妓(ふるまちげいぎ)とは

新潟市には京都の井上流と並び日本舞踊の流派・市山流があります。新潟市無形文化財の第1号です。地方の宗家で120年以上の歴史を刻んできた流派は全国でも唯一であり、その芸術性は高く評価されています。
この「市山流」の日々の厳しい稽古で磨かれた踊り、長唄や三味線などの芸、そして美しい所作ともてなしの心で、お客様をお出迎えし、宴の席に和と華を添えているのが「新潟古町芸妓」です。
「柳都振興」ホームページ

先頭に戻る