お酒の宝庫「にしかん」をとことん楽しむ!「ぐる~んバスで巡る!酒蔵ぶらり旅」

新潟市の南西に位置する西蒲区。弥彦エリアなども含め「にしかん」と呼ばれることもあります。広大な平野部で育てられるお米、海岸部で栽培される野菜やフルーツなど、食材が豊富なにしかんエリアでは、自然の恵みを活かした酒蔵やワイナリーが数多くあります。

そんな「お酒の宝庫」にしかんエリアを堪能できる「ぐる~んバスで巡る!酒蔵ぶらり旅」をご紹介します。

「ぐる〜んバスで巡る!酒蔵ぶらり旅」
開催期間 : 2022年9月〜10月の土・日・祝日

今回ご紹介する「酒ぶら」のポイントは、バスの利用と、特製おちょこがもらえる「ちょこっとガチャ(1回1,300円)」を回すことで、さまざまな特典が受けられるところ。「ちょこっとガチャ」でゲットしたおちょこと、酒ぶら専用ぐる〜んバス切符の2点を見せると特別な酒ぶら特典をゲットできます。

「ちょこっとガチャ」は、新潟駅や新潟空港などの旅の玄関口のほか、にしかんエリア内各所に設置されています。旅の前にチャレンジするのがおすすめです。

体験や特典について

オススメお酒体験等・・・条件等はありません。ちょこっとガチャを購入していない方でもご利用いただけます。
酒ぶら特典・・・酒ぶら専用ぐる〜んバス切符&おちょこを見せると特典がGETできます。
ぐる〜んバス通常特典・・・酒ぶら専用ぐる〜んバス切符を見せると特典がGETできます。

ぐる〜んバスには、JR越後線「巻駅前」、コンビニエンスストア横にあるバス停から乗車することができます。さっそく、第12代にいがた観光親善大使の風間さんと一緒に行ってみましょう!

9:00 バス停「巻駅前」(右回り)乗車

バス : 約42分

9:42 バス停「宝山酒造」下車

まず訪れたのは「宝山酒造」。1885(明治18)年創業の歴史ある酒蔵です。いまもなお残る、昔ながらの土蔵が出迎えてくれます。

「オススメお酒体験」で楽しめるのは、酒蔵見学です。普段は蔵人(くらびと)だけが立ち入ることを許される、特別な空間である酒蔵に入り、日本酒ができるまでの流れを、実際に見学しながら学ぶことができます。

案内をしてくれるのは、看板女将の渡邉由紀子さん。そのお話がとっても面白いんです!酒づくりのことを、たっぷり教えてくれます。お米と麹菌の関係性など、仕込みにまつわる深い話も飽きさせることなくお話ししてくれます。

ただ見学するだけでなく、ちょっとした裏話も交え、対話形式で楽しく酒づくりのことを教えてくれるのが、宝山酒造さんの特長です。女将さんの話を聞いたことがきっかけで、一気に宝山酒造のファンになる方も多いのだそう。

酒蔵見学の後は、試飲コーナーへ。宝山酒造の定番銘柄のほか、秋の時期は「秋あがり」など、限定季節酒をいただくことができます。店頭に並ぶことのない、貴重なお酒をいただけることも。

ひとつひとつの銘柄について、詳しく解説してくださいます。

おいしい〜〜!

もちろん、気に入ったお酒を購入することも可能です。風間さんは「「大吟醸 宝山」」を購入しました!

「酒ぶら特典」で楽しめるのが「古酒蔵での試飲」。趣ある昔ながらの古酒蔵で、普段は飲むことのできない古酒をいただくことができます。

電灯などは一切ない蔵の中は、昼の時間帯でも真っ暗。ランタンを灯すと、蔵の中にずらりと並んだ古酒が見えてきます。幻想的な雰囲気の中、貴重なお酒をいただける、、、日本酒好きにはたまらない体験です。

古酒蔵での試飲料金 : 1人500円
※お買い上げの場合500円は返金
※古酒蔵での試飲、酒蔵見学ともに1週間まで要予約(TEL.0256-82-2003)

「ぐる〜んバス」通常特典として、2,000円以上購入でオリジナル桝をプレゼント!こちらもぜひゲットしたいところです。

10:33 バス停「宝山酒造」乗車

バス : 約19分

10:52 バス停「レガーロ」下車

徒歩 : 約1分

お昼は「ラ・ビステッカ」へ!広大な新潟平野の中にある農家レストランです。「ラ・ビステッカ(La Bistecca)」は、イタリア語で「ビーフステーキ」の意味。店名の通り、牛肉を使ったメニューがとても人気です。

大きな窓から、弥彦山や多宝山、新潟平野の田園風景を眺めながら食事を楽しめるのもポイントです。

「オススメお酒体験」では、特別メニュー「新潟地酒と岩室牛のマリアージュ(3,000円)」を楽しめます。自家製の新潟米や稲わらを与えて大切に育てた自家産岩室牛のステーキと、近海産魚介のマリネなどに、地元の3酒蔵の日本酒がついた期間限定の特別メニューです。

※料理内容は日によって異なります
※2日前までに要予約(TEL.0256-77-8677)

柔らかく、噛むたびにじわりと旨みが感じられるステーキに、ほんのりとレモンの香る爽やかなマリネ、、、どの料理もお酒ともよく合います!

「ぐる〜んバス」通常特典は「フジタファーム牧場牛乳」1杯サービス!

13:10 バス停「レガーロ」乗車

バス : 約47分

13:57 バス停「カーブドッチワイナリー」下車

徒歩 : 約5分

午後からは「ルサンクワイナリー(Le CINQ Winery)」へ。ワイナリーが立ち並ぶ西蒲区海岸部の「新潟ワインコースト(NIIGATA WINE COAST)」と呼ばれるエリアに5番目にできたワイナリーです。

隣接する「カーブドッチワイナリー」のワイナリー経営塾でワインづくりを学んだオーナーの阿部隆史さん(写真右)が2015年にオープンしました。新潟ワインコーストで5番目に開業したことから、フランス語で「5」を意味する「CINQ」をつけたそうです。

「オススメお酒体験」では、ワイナリー見学(※HPより要予約)が無料でできます。ルサンクワイナリーが目指すワインづくりについて、阿部さんが丁寧に教えてくれます。阿部さんのワインづくりのモットーは「トラディショナルでエレガント」。品種の特徴を素直に生かした、香り高く優しい味わいのきれいなワインを追求しているそうです。目指しているワインづくりのことを伺うと、より一層、興味が湧いてきます!

品質にこだわった少量生産をしているため、ワインによっては完売してしまうものもあるといいます。

ぐる〜んバス通常特典として、ワイナリーショップで1杯無料の試飲ができます。※2杯目以降は200円(税込)

今回試飲させていただいたのは「デラウェア」と「マスカット・ベーリーA」。どちらも飲みやすく、優しい味わいです。飲み方だけでなく、おすすめの料理なども丁寧に教えてくれるので、ワイン初心者でも安心です。

ワイナリーショップでは、「デラウェア」をはじめ、各品種の銘柄を購入することができます。

ワイナリー見学の後は、外を散策してみるのもおすすめです!

15:20 バス停「カーブドッチワイナリー」乗車

バス : 約10分

15:30 バス停「巻駅前」下車

「酒ぶら」では、LINEコンシェルジュサービスを利用することもできます。質問すると、コンシェルジュが最適なルートや、おすすめのイベント情報などを直接答えてくれます。

今回の記事でご紹介したルートは、「酒ぶら」のほんの一例です。LINEコンシェルジュも活用して、ぜひお酒の宝庫「にしかん」めぐりを楽しんでください。


INFORMATION

宝山酒造

所在地 : 新潟市西蒲区石瀬1380
アクセス : 【JR】岩室駅下車、タクシーのご利用で約10分 / 【車】巻潟東インターより約25分 ※駐車場あり
電話 : 0256-82-2003
営業時間(酒蔵見学) : 午前の部 9:00~11:30 / 午後の部 13:00~16:30
定休日 : 不定休
※「酒蔵見学および試飲」「古酒蔵で古酒を!」は1週間前までの要予約制です(TEL.0256-82-2003)


ラ・ビステッカ

所在地 : 新潟市西蒲区橋本259
アクセス : 【ぐる〜んバス】「巻駅前」から約10分 / 【車】北陸自動車道巻潟東インターから18分
電話 : 0256-77-8677
営業時間 : ランチタイム 11:00~14:30(L.O.14:00) / ディナータイム(土日祝日のみ)17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日 : 水曜日(祝日の場合、翌平日休み)、年末年始(12月31日~1月3日)
※特別メニューは2日前までの事前予約が必要です。
※料理内容は日によって異なります。


ルサンクワイナリー

所在地 : 新潟市西蒲区角田浜1693
アクセス : 【ぐる〜んバス】「カーブドッチワイナリー」下車 / 【電車】JR越後線「越後曽根駅」よりタクシー約10分、JR越後線「内野駅」よりタクシー約15分 / 【車】北陸自動車道「巻潟東IC」より15km 約25分
電話 : 0256-78-8490
営業時間 : 10:00〜16:00
定休日 : 水曜日
※ワイナリー見学は要事前予約(0256-78-8490)
※試飲1杯200円(税込)


酒ぶら切符販売店とガチャスポットは下記ページでチェック!