新潟駅から歩いて行ける!人と酒をむすぶ「今代司酒造」

(2021.12.28UP)

日本酒の産地、新潟に来たなら酒蔵見学は欠かせません!今回は、酒好きだけでなく、普段お酒に馴染みがない方でも楽しめる酒蔵をご紹介します。

にいがた観光親善大使の鈴木さんとやってきたのは「今代司酒造(いまよつかさしゅぞう)」。今と古、地方と都市、人と人を「むすぶ」をコンセプトに、日本酒を造っている1767年創業の酒蔵です。

のれんをくぐると大きな杉玉がお出迎え!明治中期の建物をリノベーションした趣ある店内は平日、休日通して多くの観光客で賑わいます。

売店には、併設する蔵で造っている日本酒が並びます。

数々のデザイン賞を受賞している「錦鯉」は、清らかで堂々とした味わい。お祝いにも人気の商品です。

戦前のデザインを復刻させた「今代一」などここでしか買えない商品もたくさん。

この他にも、酒器やおつまみ、酒粕を使ったスイーツなども購入できますよ!

酒蔵見学

今代司では、少しでも多くの人に地酒を楽しんでほしいと普段から酒蔵を見学できるようになっています。

酒造りはもちろん、新潟や沼垂地域の歴史などスタッフさんの話を聞きながら蔵内へ。日本酒の甘い香りが漂う空間で、実際に酒造りが行われている様子が伺えます。

蔵は醸造が行われている場所なので、蔵人が仕込みをしている様子を見ることも。

今代司では、代表銘柄の「今代司」を始め、年間通して約15種類の日本酒が作られています。仕込みには酒造好適米と「菅名岳」の天然水を使用。2006年からは、アルコール添加を一切行わない全量純米仕込みに切り替え、純米専門の酒蔵として、個性を大切にした酒造りに取り組んでいるそう。

展示コーナーには、昔酒造りで使われていた道具や商品パッケージなどが並びます。

蔵内には法被や酒瓶などフォトグッズがあるので、記念撮影は盛り上がること間違いなし!

テイスティング

見学の後は、テイスティングコーナーへ。1,000円で15種類程の純米酒をテイスティングできます。

ノンアルコールの甘酒は無料で試飲可能。お土産選びの参考にもよさそうです。

オリジナルガチャ

鈴木さんがチャレンジしているのは、日本酒や発酵食品が当たる地酒ガチャと発酵ガチャ(400円/1回)

1回で400円以上の日本酒や甘酒などがもらえ、運が良ければ1,000円相当の商品が当たります。鈴木さんはこの時の特賞、純米酒「おむすび(販売価格 : 1,430円)」をゲット!

今回ご紹介した他にも、酒粕詰め放題など、時期によっては楽しいイベントに遭遇できるかも!?蔵の近くには、沼垂テラスがあるなど見どころ満載のエリアになっているので、天気がいい日は付近を散歩してもよさそうです。


INFOMATION

今代司酒造(いまよつかさしゅぞう)

所在地 : 新潟市中央区鏡が岡1-1
電話 : 025-245-0325
営業時間 : 平日 13時~17時、土日祝 9時~17時
定休日 : 無し(12月31日~1月3日のみ休業)
HP : http://imayotsukasa.co.jp