▼ タイトルをクリックしてメニュー表示 ▼

新潟市公式観光情報サイト Welcome to Niigata City 新潟市の観光案内

特集 今これがいちおし!/いちご狩り 越後姫

トップ > 特集一覧 > いちご狩り 越後姫

春を運ぶかわいいお姫さま!新潟生まれの甘~いイチゴ

越後姫は新潟生まれ、新潟育ちのイチゴ。新潟の気候に適したオリジナル品種を生み出そうと、新潟県園芸研究センターで6年をかけて育成されました。

越後姫は酸味が少なく、とても甘いのが特徴。また香りが豊かで、果汁たっぷりのみずみずしいおいしさで大人気です。赤く輝く姿はまさにお姫さまのような愛らしさ。

新潟県内はもちろん、首都圏などでも徐々に知名度が高まってきている、新潟が誇る自慢のイチゴなのです。

写真

「越後姫の食べ頃って?」生産者に聞きました!
「越後姫の食べ頃って?」

越後姫は新潟県内で12月下旬から6月まで生産されています。「新潟の冬は天候が悪いのに、おいしいイチゴができるの?」と思われるかもしれませんが、実は日照時間が少ない分、ゆっくり時間をかけて熟していくため、冬のイチゴは特においしいのです。

越後姫は酸味が少なく、とても甘いイチゴです。店頭では大粒で赤く色づきのいいもの、つやつやとみずみずしいものを選ぶと良いでしょう。また、観光イチゴ園では完熟したものを味わえるので、ぜひそのおいしさを体験していただきたいですね。

フルーツランド 白根グレープガーデン 笠原秀夫さん

フルーツランド 白根グレープガーデン

新潟市南区鷲ノ木新田573
TEL:0120-362-558

■イチゴ狩り期間:
1月中旬~6月下旬/10:00~17:00
■入園料:
食べ放題1500~1000円シーズンにより(幼児は200円引き)
摘み取り・計り売り150円(小学生以上)

http://www.kudamonogari.com/

甘~い香りでいっぱいのハウスでわくわくイチゴ狩り体験!

いちご狩り、初挑戦!

白根グレープガーデンでは、毎年1月ごろから6月下旬までイチゴ狩りを行っています。メイン品種は、やはり越後姫。家族連れのお客様を中心に大人気のイチゴ狩りを体験しようと、2月初旬の同園にうかがいました。

大きなハウスの中に入ると、すぐにイチゴの甘い香りが漂ってきました。また、ハウス内にはブーゲンビリアが咲いていたり、夏ミカンが実っていたりと南国ムード。気分もうきうきしてきます。

こちらのイチゴ狩りのメニューは、摘み取り体験と食べ放題の2種類。食べ放題はイチゴの実り具合によって、開催時期が決まってきます。また、イチゴが無くなると中止になる場合もあるので、平日や連休初日の早めの時間に出かけるのがおすすめです。

今回は思いっきりイチゴを楽しもうと、食べ放題に挑戦! 受付を済ませて練乳入りの容器を受け取り、越後姫のもとへ向かいます。

写真
葉のうしろには白く、かわいらしい花が咲いていました。

写真
食べ放題コースは、イチゴのヘタ入れを兼ねた練乳入り容器を手に、いざ出陣!

写真
摘み取りコースは収穫したイチゴを、グラム数に応じた金額で買い取ります

自分で選んだ越後姫をその場でパクリ!

スタッフの方に案内されて、収穫OKのエリアに到着。真っ赤に熟れた越後姫を前に、子どもたちもワクワク顔! 白根グレープガーデンではイチゴを棚栽培という方法で育てているので、立ったまま収穫可能。体に負担がかからない姿勢で楽しめるので、年配の方や車いすの方にも好評なのだそうです。

「食べ頃かどうかは、ヘタを見てくださいね。ヘタがピンと反り返って、実と離れているものがおいしいサインです」と、同園の笠原さんからアドバイスがありました。さっそく、じっくりと選んで、まずはそのままパクリ。全員から「あま~い!」と感激の声が上がります。

なかには大人でも一口で食べるのは無理なほど、大粒の越後姫もあり。子どもたちも「コレ採っていい?」とママに聞きつつ、次々収穫しては口へ。練乳はおかわり自由ですが、笠原さんによると「越後姫はとても甘いので、最近は練乳を使わない方も多くなってきました」とのこと。また、越後姫以外にも、章姫など他品種も栽培されています。それぞれ味わいが違うので、ぜひ食べ比べてみましょう。

写真
ヘタがピンと反り返っているイチゴが、食べ頃に熟した状態。色の濃さよりも、ヘタが大事なのだそうです

写真
「手前から収穫していく人が多いので、いいイチゴは奥に残っていることが多いですよ」。スタッフの方々が、丁寧にアドバイスしてくれます

写真
園児や小学生低学年ぐらいの子どもが立つと、ちょうど目の前にイチゴが!

写真
「イチゴあるかな?」「ここにあったよ!」と、イチゴ狩りに夢中の子どもたち。いい表情です

フルーツいっぱいのチョコフォンデュも満喫

たっぷり越後姫を味わった後、さらにフルーツを楽しむ演出を発見。イチゴ狩り期間中、同園ではチョコレートフォンデュを提供しています。とろ~りチョコレートを絡めて食べると、越後姫がまた新たなおいしさを見せてくれて、一同びっくり。

この休憩コーナーでは、摘み取り体験で購入したイチゴを食べることもできます。「農園でゆっくり楽しみながら、果実が実る様子を身近に感じてほしい」という笠原さん。その言葉通り、大人も子どももフルーツをたっぷり満喫して、幸せ気分になれたひとときでした。

写真
チョコレートフォンデュセットは1000円。フルーツもチョコレートもたっぷり

写真
越後姫のジューシーな甘さとチョコレートのまろやかさがベストマッチ!

写真
子どもたちも口をチョコレートだらけにしながら、いろいろなフルーツやビスケットをパクパク

ちょっとひと息

ジェラートショップMellow

写真

白根グレープガーデン内にある「ジェラートショップMellow」は、素材にこだわった手作りジェラートのお店。新鮮なフルーツや野菜を使い、素材の持ち味を生かしたおいしさで人気です。

特におすすめは、同園で収穫した越後姫で作る苺ミルク。生の越後姫をその場で練り込んでくれるので、果肉の食感も楽しめます。シングル300円、ダブル370円、トリプル420円。コーンとカップが選べます。

写真
一番人気の「苺ミルク」。越後姫の甘い果肉とコクがありつつさっぱりとした後味のミルクの組み合わせが絶妙

ふれあい広場

写真

イチゴハウスの脇には、かわいいウサギが待っています。近くに寄ってエサをあげたり、抱っこしたりして、ふれあうことができるので、子どもたちに大人気。また、ぶどう畑の広場にはヤギも待っています。

写真
ウサギたちは人が来ると、自ら寄ってくる人懐っこさ。つぶらな瞳で「エサちょうだい」とおねだりしているよう

越後姫を使ったおみやげ越後姫を使ったおみやげ

こだわり手作りジャム

白根グレープガーデンで収穫した完熟フルーツと、グラニュー糖、レモン汁だけで作られたジャム。越後姫だけで作る「いちごジャム」は、果肉をつぶさずに作ったプレザーブタイプ。他にいちじく、ぶどう、ルレクチエ、キウイがある。小(150g)500円、大(300g)700円。

写真

越後姫

丹精込めて育てた越後姫の中でも、大粒のものを選りすぐって提供。越後姫は特に果肉が軟らかいので、重なって傷つかないよう、1個1個トレーに並べて梱包されている。地方発送も可能。1トレー(12・15・18粒)1500円。

写真

まだまだある新潟市のイチゴ狩りスポットまだまだある
新潟市のイチゴ狩りスポット

1.フルーツランド
白根グレープガーデン
所在地 新潟市南区鷲ノ木新田573
TEL 0120-362-558(フリーダイヤル)
   025-362-5535
http://www.kudamonogari.com/
2.池田観光果樹園
所在地 新潟市南区新飯田2584-15
http://www.budou-ichigo.com/
3.タカギ農場(高儀農場)
所在地 新潟市北区新崎2757
http://www.fruitstomato.com/
4.諸橋弥次郎農園
所在地 新潟市江南区茗荷谷410
http://www17.plala.or.jp/yazirou/
5.そら野テラス
所在地 新潟市西蒲区下山1320-1
http://sola-terra.jp/
6.豊栄わくわく広場
所在地 新潟市北区笠柳1369
http://www.t-wakuwaku.jp/