ランチ付き新潟花街茶屋 2021年2月~3月

~新潟の老舗割烹で楽しむ 新潟古町芸妓の舞鑑賞

芸妓の舞鑑賞と老舗割烹の和食ランチがセットになった「ランチ付き新潟花街茶屋」を開催します!
和食ランチをお召し上がりいただいた後に、大広間で新潟古町芸妓の舞をご鑑賞ください。
芸妓との写真撮影やお座敷遊びの紹介、体験もお楽しみいただけます。

新潟古町芸妓(ふるまちげいぎ)とは

新潟市には京都の井上流と並び日本舞踊の流派・市山流があります。市山流は、新潟市無形文化財の第1号です。地方の宗家で120年以上の歴史を刻んできた流派は全国でも唯一であり、その芸術性は高く評価されています。日々の稽古で磨かれた市山流の踊り、長唄や三味線などの芸、そして美しい所作ともてなしの心で、お客様をお出迎えし、宴の席に和と華を添えているのが「新潟古町芸妓」です。

「柳都振興」ホームページ

5月会場:割烹大善

5月会場:割烹大善(食事会場・レイアウトは変更となる場合がございます)

食事(一例)

5月会場:割烹大善(芸妓の舞会場)

6月会場:割烹螢

食事(一例)

6月会場:割烹螢(食事会場一例)

6月会場:割烹螢(食事会場一例)

6月会場:割烹螢(芸妓の舞会場)

ホテルイタリア軒受付

previous arrownext arrow
Shadow
Slider
開催日・空き状況

会場 : 割烹 螢

開催日空き状況
2月26日(金)終了
2月27日(土)終了
3月5日(金)終了
3月6日(土)終了
3月12日(金)終了
3月13日(土)終了
3月19日(金)終了
3月20日(祝・土)終了

◎:余裕あり 〇:残席あり △:残りわずか ✕:満席 ▲:お電話でお問い合わせください(平日8:30~17:15)

詳細
料金大人・小人 同額 / 3,000 円(税込)
*芸妓の舞鑑賞料とランチ代を含みます。
定員各30名
プログラム12:15~12:45
 受付(ホテルイタリア軒 1階専用受付) ~開演まで和食ランチをお楽しみください(お食事会場:「割烹 螢」1階)~食事会場(一例)       
14:00~14:50 
新潟古町芸妓の舞鑑賞(会場:「割烹 螢」2階扇の間)
 ・みなとまち新潟と新潟古町芸妓の説明
 ・新潟古町芸妓の舞
 ・お座敷遊びの紹介・体験
 ・新潟古町芸妓と記念撮影(カメラをご持参ください・携帯電話等の撮影も可能です)
お申し込みWEB予約(クレジットカード決済)JTB現地観光プラン・レジャーチケット
じゃらんnet遊び・体験(会員登録が必要です)*各開催日の8日前の17:00までにお申し込みください。

電話予約TEL.025-223-8181
公益財団法人 新潟観光コンベンション協会
(受付時間 / 平日8:30~17:15)
*お電話でご予約された場合、イベント当日現金でお支払いただきます。
 (Go To トラベル地域共通クーポン・Go To Eat 食事券等はご利用いただけません。)
会場・交通割烹螢 [公式ホームページ]新潟市中央区西堀通7番町1574番地 [MAP] TEL.025-224-5111(ホテルイタリア軒)
【交通案内】
●バスで
 新潟駅万代口バスターミナル0番線または1番線 より 
 B1系統萬代橋ライン(BRT)で「古町」下車徒歩約5分
●駐車場
 ホテルイタリア軒 地下2階 
《提携駐車場》日生不動産西堀パーキング(ホテルイタリア軒並び)
 「割烹 螢」で駐車サービス券をお渡しします。駐車券を係の者にご提示ください。
 満車の場合は、近隣の有料駐車場をご利用ください、その場合の駐車料金はお客様ご負担となります。
注意事項○新型コロナウイルス感染予防対策についてのお願い
*入館時は検温、手指の消毒にご協力ください。
*お食事中以外はマスクの着用をお願いします。
*発熱など体調に不安がある場合はご参加をお控えください。
○お食事について
*食物アレルギーをお持ちの方はお申し込みの際にお知らせください。
*お席はお客様ごとにご用意します。個室等のご希望はお受けできません。
○芸妓の舞鑑賞について
*開演後の途中入場はできません。お時間厳守でお越しください。
*お席は自由席、全席イス席です。
*写真は自由に撮影いただけますが、動画撮影はご遠慮ください。
*新聞・テレビ等の取材が入る場合がありますのでご了承ください。
*他のお客様のご迷惑となる恐れがある場合には、ご参加をお断りすることがあります。
*プログラム内容は変更となる場合があります。
*芸妓の舞鑑賞時は、マスクの着用をお願いします。○イベント全体について
*当日は簡単なアンケートへのご協力をお願いします。
*お申し込み状況により開催中止となる場合があります。
○取消料について
*当日の無連絡不参加は取消料(参加費全額)をいただきます。