HOME特集一覧ご当地グルメ特集 > ばかうけ

新潟のご当地グルメ特集

栗山米菓のばかうけって? 栗山米菓のばかうけって?

「ばかうけ」は、新潟市の米菓メーカー・栗山米菓の商品で、お米の形をイメージした細長い形がユニークなおせんべい。「青のりしょうゆ味」をはじめ、さまざまな味の商品が続々登場し、その人気は全国区。その陰には、おせんべいのおいしさもさることながら、お客様にもっと喜んで頂きたい想いを追求する作り手の姿勢があるのです。そんな、ばかうけの人気を後押ししているのが、オリジナルキャラクター「バリン・ボリン」の存在や、お客様の願かけを受け付けるばかうけ稲荷(※本当のお稲荷さまです)など、単なるお菓子の枠を超えたサービスの数々。知れば知るほど、ばかうけの魅力に取りつかれることうけあいです。

ご当地メニュー登場!
地域限定ばかうけ

「ばかうけ」には、全国各地の地域限定商品が存在。
そして新潟限定には、さらにレアな「新潟せんべい王国」でしか買えない「せんべい王国限定ばかうけ」もあるのです。

新潟限定ばかうけ「タレかつ味」
新潟市を代表するご当地グルメ「新潟タレかつ丼」。その醤油ベースの甘辛いタレの味わいが楽しめるばかうけが登場。せんべいとタレの相性が絶妙。

地域限定ばかうけ

新潟せんべい王国限定ばかうけ「鮭冬葉風味」
日本海から川へと帰ってくる鮭を半身におろして皮付きのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風に当てて干した秋鮭は、新潟の郷土の味。その旨みをせんべいにしてしまうとは驚き!

新潟限定ばかうけ「枝豆味」
新潟市民は夏になればザルに山盛り食べるほど枝豆好き。そんな枝豆がばかうけとコラボ。

ばかうけの作り方見せてください!

栗山米菓新発田工場
栗山米菓新発田工場にお邪魔して、「ばかうけ」の製造の様子を見せていただきました。作っていたのは、定番の青のり醤油味です。

  • 米を洗って水を吸わせて柔らかくしたあと、製粉する

    「せんべいの主原料はうるち米、おかきやあられはもち米で作ります」とマネージャー。おせんべいの「ばかうけ」は、うるち米から出来ています。まずは米を洗って水を吸わせて柔らかくしたあと、製粉します。

  • お米の粉に水を加え、約100度の蒸気の中で蒸しながら練り、その後、冷ます

    お米の粉に水を加え、約100度の蒸気の中で蒸しながら練り、その後、冷まします。

  • 青のりを投入して練り込み、生地を伸ばしてシート状に。

    青のりを投入して練り込み、生地を伸ばしてシート状に。

  • 型取りをした後、生地を寝かせる

    型取りをした後、生地を寝かせます。「温度と湿度を管理した部屋で24時間以上寝かせ、水分を均等にするんですよ」

  • 乾燥させた生地を焼く

    乾燥させた生地を焼きます。焼いているうちに薄かった生地が膨らんで、サクサクのおせんべいに!これに味付けをして、仕上げ乾燥します。

包装完了!ばかうけの出来上がり!

新潟せんべい王国

せんべいの魅力がぎっしり!

せんべいの魅力がぎっしり!
新潟が誇る米菓を紹介する、遊びごころもたっぷりの体験施設。「体験館」では、せんべい焼き体験ができるほか、新潟の米菓の歴史も学べます。「おみやげ屋」はせんべいソフトやばかうけコロッケなど、せんべいを使った軽食が食べられる飲食コーナーや、全国各地のばかうけが買えるおみやげコーナーが。また、工場では窓越しにせんべいの製造工程も見学できます。敷地の一角にある「ばかうけ稲荷」にも、ぜひお参りを。

お土産に大人気のキャラクターたち

お土産に大人気のキャラクターたち
ばかうけの「バリンとボリン」など、商品オリジナルのキャラクターたちは子どもに大人気。新潟せんべい王国では、そんなキャラクターのノートやぬいぐるみ、ストラップなど、さまざまなグッズを販売しています。ここでしか買えないお土産を選んでみては。

新潟せんべい王国
所在地 新潟市北区新崎2661番地 [MAP]
電話番号 025-259-0161
URL http://senbei-oukoku.jp/
営業時間 9:30~17:00
定休日 不定休(火曜日を定休とする場合有)
要問合せ
駐車場 100台
アクセス JR新潟駅から白新線下り、豊栄・村上・新発田行き「新崎駅」下車、徒歩20分
日本海東北道「新潟空港IC」から車約10分、「豊栄スマートIC」から車約5分。
先頭に戻る