みなとぴあ歴史発見プロジェクト企画展「川・街・港 変わりゆく風景」展

新潟の街を数多く撮影してきたアマチュアカメラマン桜井進一の作品を通して、新潟の街の移り変わりを紹介する写真展です。
信濃川でのヤツメ漁、信濃川沿いを走る貨物列車、信濃川右岸の砂利採り場など、昭和30~40年代に見られた川・港をめぐる日常風景を紹介します。また、地盤沈下、新潟地震といった災害の被害状況やそこからの復興と再開発で変わっていく港や万代地区の変化をとりあげます。

20210717_minatopia

INFORMATION

みなとぴあ歴史発見プロジェクト企画展「川・街・港 変わりゆく風景」展
開催日 : 2021年7月17日(土)~8月29日(日)
時間 : 午前9時30分~午後6時(観覧券の販売は午後5時30分まで)
会場 : 新潟市歴史博物館みなとぴあ 本館1階企画展示室
料金 : 本展の観覧は常設展示観覧券が必要です。
【常設展観覧料】一般:300円 / 大学生・高校生200円 / 小中学生は会期中無料
HP : http://www.nchm.jp

ACCESS MAP