無言館ー遺された絵画からのメッセージー

全国の戦没画学生の絵画を集め、展示する長野県の美術館「無言館」から、望郷・家族・自我・恋・夢をテーマに約130点を紹介。彼らがカンバスに描いた親しい人の姿や場所、憧れや理想の形に、失われた可能性、平和の尊さを身近に感じてみてください。当館所蔵品から、加藤一也、佐藤清三郎、金子孝信も特集します。

(画像:興梠武《編みものする婦人》無言館蔵)

INFORMATION

開催期間2021/4/10(土)~6/6(日)9:30~18:00(観覧券の販売は閉館30分前まで)
【休館日】月曜(5/3は開館)
開催場所新潟市美術館 企画展示室(〒951-8556 新潟市中央区西大畑町5191-9)Googleマップでみる
料金料金:一般1,000円(800円)/高校・大学生800円(600円)/中学生以下無料
*障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料
*( )は20名以上の団体、リピーター割引料金(本展観覧券の半券提示で本展の2回目は団体料金)
*会期中は、本展の観覧券で「コレクション展」もご観覧いただけます。 
お問い合わせ新潟市美術館
TEL:025-223-1622/FAX:025-228-3051
MAIL:museum@city.niigata.lg.jp
URLhttp://www.ncam.jp/exhibition/6224/

前の記事

絵師100人展 10 新潟篇