▼ タイトルをクリックしてメニュー表示 ▼

新潟市公式観光情報サイト Welcome to Niigata City 新潟市の観光案内

特集 田園風景の中で農場の恵みを満喫♪

トップ > 特集一覧 > 田園風景の中で農場の恵みを満喫♪

ジェラート作り&乳しぼりに挑戦!ジェラート作り&乳しぼりに挑戦!

新潟市内で酪農体験ができる!フジタファームに行ってきました。

新潟市内から車で約50分、岩室温泉のすぐ近くにあるフジタファームは、乳牛の飼育や野菜を栽培している農場。直営ショップで製造販売されている、しぼりたての牛乳で作ったジェラートが大人気です。

2011年春にオープンした体験交流館では、フジタファームの牛乳を使ったジェラート作りやバター作り、米粉ピザ作りといった、さまざまな酪農体験ができます。地元でとれた良い素材を使って、自分たちで作るジェラートやピザのおいしさは格別!

さらに、同館から500メートルほど離れた場所にある牛舎では、搾乳(さくにゅう)体験もできます。

ここは、海水浴の行き帰りや、日本海夕日ラインのドライブ、岩室温泉を訪れた際などに立ち寄るにも、ちょうどいい場所。ここでしか味わえない体験は、素敵な思い出になるはずです。

毛刈りを終えたヒツジ
敷地内にはヒツジも飼われていて、餌をあげることもできます。動物とのふれあいに子どもたちは大喜び!取材時は、ちょうど毛刈りを終えたところで、すっきりした姿。

体験交流館の外観
体験交流館はジェラテリア・レガーロの向かいにあります。

レガーロのお庭
レガーロのお庭にはきれいな花がいっぱい

自転車用スタンド
自転車のツーリング中に立ち寄る人も多く、自転車用スタンドが準備されています

ヒツジ用の餌
いろいろなものが入っているヒツジ用の餌

手のひらからの餌やり
ヒツジは上の前歯が無いのでかみつかれる心配なく、手のひらから餌やりできます。触れ合った後はしっかり手を洗いましょう

生産者さんに聞きました!生産者さんに聞きました!

「フジタファームでは、牛に触れる搾乳や、ジェラートやバター作り、米粉ピザ作りといった体験を通して、農場のおいしい牛乳や農産物の魅力を、たくさんの方に知っていただきたいと思っています。

当社の牛乳は65℃の低温殺菌を行っているので、牛乳本来のおいしさを味わっていただけます。特に子どもたちは、食べ物の味の違いには敏感で、本物のおいしさに触れると、その味をしっかり記憶するようです。

体験は30分から1時間ほどで出来るものばかりなので、ぜひ気軽に挑戦していただいて、農場の魅力を実感してもらえたらうれしいです。」

顔写真

フジタファームセールス 
藤田丈治さん

Profile

乳牛飼育や野菜の栽培を手がけるフジタファームや、連携している米工房いわむろ、ジェラテリア・レガーロなどの営業・販売部門を担当。酪農体験部門の運営も担当している。

施設イメージ
フジタファーム
住所 新潟市西蒲区橋本242-1
電話番号 0256-82-3515
URL http://www.fujitafarm1866.com/

MAP

フジタファームセールスの公式twitterは「おはようございまうし!」と語尾に「うし!」が付いています!

おいしい牛乳でジェラート作り!

今回ファジタファームを訪れたのは2組の親子。まずは、体験交流館でジェラート作りに挑戦しました!

「アイスを作るのは初めて」という子どもたちの目の前に登場したのは、氷が入った大きなボウル。小さなボウルを氷の上に重ねて、そこに牛乳と生クリームと砂糖を混ぜ合わせたものを入れます。「ボウルを回しながら、泡だて器で混ぜますよ」藤田さんの説明を聞いて、子どもたち、かき混ぜスタート! 

ジェラート作りの風景
ボウルをぐるぐる回しながら、泡だて器でカシャカシャ。
「おもしろい!」と一生懸命です

ジェラート作りの風景
「たくさんかき混ぜると、アイスの量が増えるよ」という藤田さんに、「えっ、本当?」と張り切る子どもたち。空気が入ってふんわりして、本当に量が増えるんです

ジェラート作りの風景

数分間まぜたところで、藤田さんが「いま氷はマイナス5℃。でもあるものを振りかけると、マイナス15℃くらいになります」と白い粉を持ってきました。その正体は塩。氷に塩をかけて同じように混ぜていると、液体がみるみるうちに固まってきました。

ジェラート作りの風景
低温殺菌のしぼりたて牛乳を使って作ったジェラートは脂肪分4%。だから風味豊かで、さっぱりとした味わいになるのです

ジェラート作りの風景

「いま色が黄色っぽくなってきましたが、ジェラートになると色が白に戻ります。そこまで頑張って」。固まりかけてくると、混ぜにくくなってくるので、ここからはママが活躍! そして、真っ白なジェラートの出来上がりです。

出来上がりのジェラートは、ふわふわで、すうっととけて、ミルクの風味とコクがありながら、とてもすっきりとした味わい。「今まで食べたアイスで一番おいしい!」「おかわり!!」と、子どもたちも大満足でした。

ジェラート作りの風景
初めて作ったジェラート。おいしくって、スプーンがとまりません。

ジェラート作りの風景

大きな牛たちとご対面!乳しぼりにドキドキ初挑戦

さあ、次はいよいよ乳しぼりの体験! 少し緊張しながら、牛舎まで移動します。入口で靴の裏を消毒して、建物の中へ。最初に社長の藤田毅さんが、乳牛についてお話をしてくれます。「乳牛は朝と夕方に乳をしぼります。ここには60頭ぐらいの乳牛がいて、1日で牛乳パック1300本分の牛乳を出すんですよ」。

手袋をし、「大声を出さないこと」など、大切な約束ごとを聞いてから、牛のところへ。一番手前にいる牛が、じいっと私たちの方を見つめます。子どもたちも、その大きさに圧倒されている様子。

乳しぼり体験の風景
牛たちが並んで搾乳の時間。グレーの牛は、ブラウン・スイスという種類で、その牛乳はチーズ用に

乳しぼり体験の風景
大きいもので700kgにもなるホルスタイン牛。子どもたちがさらに小さく見えます

乳しぼりは、牛の後ろから手を伸ばします。牛は柵で囲まれているので、後ろ足で蹴られる心配はありません。「強く握っても牛は痛くないから、しっかり握って」とアドバイスを受けながら子どもたちが挑戦。最初は上手くいきませんでしたが、慣れると上手にしぼることができました。

乳しぼり体験の風景
手をパーからグーにする感じでしぼります
意外にも誰ひとり怖がらずに挑戦。真剣な表情です!

「牛さん、とってもあったかいよ」「ちょっとこわかったけど、面白かった」と子どもたちは大興奮。最後に、レガーロに戻ってしぼり立て自家製の牛乳をいただくことに。

コップを手にした子どもたちは、一口飲んで「あまい!」と言ったかと思うと、ゴクゴクと一気飲み!低温殺菌しただけのしぼり立ての牛乳は、優しい香りと甘みがあり、後口はすっきり。本当に驚くほどおいしい牛乳でした。

牛に触れ、その牛からしぼられた牛乳の飲む経験は生産者の元へ足を運ぶからこそ。酪農や農業の大切さや楽しさを、子どもも大人も満喫することができました。


乳しぼり体験の風景
しぼり立ての自家製牛乳は、おいしくて一気飲みしちゃう気持ちが分かります。搾乳体験はこの牛乳かソフトクリームの試食付き。どちらか好きな方を選べます。

他にもまだある!体験メニュー他にもまだある!体験メニュー

○バター作り

フジタファームの牛乳を使って、バターを作ります。出来上がったバターはクラッカーに付けて、味わいますよ。作り立てのバターってどんな味かな?(要ペットボトル持参)
体験時間:約40分

○米粉ピザ作り

米粉で作った生地に、自家製モッツァレラチーズ、季節の野菜をのせたピザを石窯で焼き上げます。石窯の愛称は「トーマス」。写真を見ると納得です。
体験時間:約40分

○ヒツジのマスコット作り

フジタファームが飼っているヒツジの毛を使って、かわいいヒツジのマスコットを作ります。このほかにも、不定期で手芸体験が行われています。
体験時間:約30分

フジタファーム直営のお店フジタファーム直営のお店

ジェラテリア REGALO(じぇらてりあ れがーろ)

フジタファームのしぼり立て牛乳で作るジェラートの店。100種類以上のレシピの中から、その日の朝に12~14種類を作り、お店に並べられます。一番人気のメニューはやはり「牧場ミルク」。

住所 新潟市西蒲区橋本240-7
電話番号 0256-82-0455
営業時間 10:00~17:30(ただし、売切れしだい終了)
休業日 火曜(9月末まで無休)

MAP

直営店のイメージ

Sanchoku-Shopメルカート(さんちょくしょっぷ めるかーと)

地域で収穫された農産物を販売。また、漬物の「辛子巻き」を始め、地元ならではの特産品も並んでいます。体験メニューの受付などはメルカートで行っています。

住所 新潟市西蒲区橋本242-1
電話番号 0256-82-3515
営業時間 10:00~17:00
休業日 火曜(9月末まで無休)

MAP

直営店のイメージ

Restaurant Verde(レストラン ヴェルデ)

レガーロの向かいにあるレストラン。ホテルで長年コックを務めてきたシェフが、地元の食材をたっぷり使ったメニューを提供。ランチも充実しています。

住所 新潟市西蒲区橋本220-1
電話番号 0256-82-5575
営業時間 ランチタイム 11:30~14:00、ディナータイム 18:00~21:00
休業日 火曜

MAP

直営店のイメージ

周辺立ち寄りスポット周辺立ち寄りスポット

食べる・買う

新潟市岩室観光施設いわむろや(いわむろや)

岩室周辺エリアの観光情報発信拠点となっている施設。地元農家さんから仕入れた朝採りの新鮮野菜や地域の特産品があり、岩室の魅力をあますことなく伝えてくれます。

・いわむろや足湯(いわむろやあしゆ)
いわむろや内にある無料の足湯。岩室温泉の源泉をかけ流しにしていて、中に入ると独特の香りに包まれます。湯船は清潔感ある石造りで、十数人が利用できる広さ。大きな窓の先には、アート作品や山なみを臨むことができます。

住所 新潟市西蒲区岩室温泉96番地1
電話番号 0256-82-1066
営業時間 9:00~19:00(足湯は18:30まで)、売店 9:00~17:00
食事処 11:00~14:00
休業日 第1・3水曜日は休館日(祝日の場合は翌日)
駐車場 47台
URL http://www.iwamuroya.com

MAP

周辺スポットのイメージ

周辺スポットのイメージ

越後西川あぐりの里(えちごにしかわあぐりのさと)

地元の農家が生産した新鮮な野菜が並ぶ野菜市と、農家のおかあちゃんたちが手作りするおにぎりや総菜、団子、ジャムなどを販売するおにぎり館があります。新鮮な野菜やフルーツをトッピングするベジフルソフトが大人気。又自家製オリジナルシロップ(いちご・ブルーベリー)を使ったかき氷がこの夏大人気。

住所 新潟市西蒲区下山1318
電話番号 0256-88-4411
営業時間 8:30~16:00
休業日 火曜不定休
駐車場 30台
URL http://ys-agri.luna.weblife.me/index.html/

MAP

周辺スポットのイメージ

見学

宝山酒造(たからやましゅぞう)

明治18年の創業以来、昔ながらの酒造りを守り続ける蔵元。越後一之宮弥彦神社の御神酒の醸造元でもあります。年間を通して、仕込み蔵の見学が可能で、見学の後には試飲も。その場でお酒を買うこともでき、酒粕や甘酒も人気商品。

住所 新潟市西蒲区石瀬1380
電話番号 0256-82-2003
営業時間 9:00~12:00、13:00~16:30 ※見学は要予約
休業日 なし
駐車場 大型バス4台まで可能
URL http://www.takarayama-sake.co.jp

MAP

周辺スポットのイメージ

日帰り温泉日帰り温泉

福寿温泉 じょんのび館(ふくじゅおんせん じょんのびかん)

「じょんのび」はのんびりという意味の方言。食事ができる大広間に休憩用の大広間もあって、まさにのんびりできる施設です。和風と洋風の大浴場は1日おきに男女入れ替え。露天風呂は緑に囲まれており開放的です。

住所 新潟市西蒲区福井4067番地
電話番号 0256-72-4126
営業時間 10:00~22:00(食堂は11:00~21:30)
休業日 毎月第1・第3水曜日(水曜が休日の場合はその翌日)
駐車場 250台
URL http://jonnobi.com/

MAP

日帰り温泉のイメージ

遊雁の湯「よりなれ」(ゆかりのゆ「よりなれ」)

戦国の武将・大国実頼が城主だった天神山(てんじんざん)の麓の温泉街を見下ろす高台にある日帰り温泉施設。茶色がかった効能豊かな岩室温泉の湯を、気軽に楽しめる人気のスポットです。露天風呂では木々の緑や山を望みながら、のんびりできます。

住所 新潟市西蒲区石瀬3331番地
電話番号 0256-82-5870
営業時間 10:00~20:00
休業日 毎月第2・第4水曜日
※第2・4水曜日が祝日の場合は営業し、翌日木曜日を休館とします。
駐車場 80台
URL http://www.iwamurokankou.com/tachiyori.html

MAP

日帰り温泉のイメージ

多宝温泉 だいろの湯(たほうおんせん だいろのゆ)

3種類の自家源泉を持っていて、3つの泉質の天然温泉をかけ流しで楽しめます。大庭園露天風呂・露天岩風呂とも広々としていて、寝湯やジェットバス、打たせ湯などもあり。食事処やリラクゼーションルームなど施設も充実しています。

住所 新潟市西蒲区石瀬3250番地
電話番号 0256-82-1126
営業時間 10:00~22:00
休業日 年中無休
駐車場 250台
URL http://www.daironoyu.com/

MAP

日帰り温泉のイメージ

ご宿泊情報はこちらからご宿泊情報はこちらから

岩室温泉

開湯は300年前とも言われ、羽を怪我した雁がこの地に舞い降り、涌き出るお湯に傷を癒したことから源泉が発見されたとの伝説が残る温泉です。

URL http://www.iwamurokankou.com/iwamuro.html
岩室温泉観光協会

岩室温泉の見どころやお宿情報、岩室温泉散策マップなどお役立ち情報が掲載されている公式サイト。

URL http://www.iwamurokankou.com/

※掲載されている金額や時間等の情報は取材時のものです。